Kazumi流 www.kazumiryu.jp

  • Companion Animal
  • Kimono
  • Solitude
  • Link
  • English
  • Gallery
  • Blog
  • Profile
  • Kazumiryuとは?

Kazumi流 Blog

Kazumi流 津田 恵子 オフィシャルブログです。
Solitude(ソリテュード)、きもの、コンパニオン・アニマルについての話題をお届け。

短歌や俳句の評論もやってまーす

2009-10-26 16:11:01

この数年ご縁があり現代俳句、短歌の評論の
仕事をさせていただいている。

今年はとみに依頼が増え、雑誌や本となったもるものが
10冊近くになりそう。

そんな中、2008年2月に出版された『思ひ草』現代詩歌作家による愛の詞華集
で、藤間勢波さんの短歌を評論する機会を得た。


夏になり突然「評論を大変気にいってくださった方が、ぜひ会いたいとおっしゃって」
と出版社から連絡があり、戸惑いながらもお目にかかった。

すると「11月10日、国立劇場にて文化庁芸術祭参加公演で日本舞踊を
披露をし、その作品内容を短歌に詠みプログラムに掲載します。
その短歌の評論をして頂きたい」とのこと。

私のつたない評論の言霊を感じ取って下さったご様子に感激し、
日舞の世界には疎いままに、お引受けすることにしました。

その舞台はもうすぐ
「傀儡師」と新作舞踊「情炎の淵」なのでご興味ある方はご覧ください。

プログラム掲載の藤間勢波さんの2作品と私の評は以下のとおり


「あえかなるほたる火の如き命とて
    夫(つま)あらばこそ灯しともして」
  
 評:深雪の真髄を見事に掬い取った作品。そこにあるのは儚きか弱さではなく
   芯に強さを秘めた繊細さである。それ故に彼女の健気さは一層のふかみに
   彩られ我々の心を一瞬にして掴むのである。余韻嫋々として格調高さ漂う。


「胸ぬちの炎(ひ)の音又も襲い来ぬ
    この身こがしてなお鳴り止まず」

 評:胸に燃える愛の炎。その情念は様々な色を見せながら次第に、暗き流れへと
   バランスを崩していく。紅蓮の炎を見つめるその瞳に映るものは一体何であろうか。
   あわれというには余りある愛の多重構造を一気に詠んだ作品である。


さぁ、どんな着物をきていこうかな。

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

和DNAは14歳とママが同じ?!

2009-10-03 19:39:38

10月3日(土)13時より品川女子学院 中学2年PTA会の依頼により
「浴衣のきつけ」ワークショップを開催しました。

この学校ではも6年以上にわたり、中学二年生全員に浴衣のきつけを
ご指導する機会を得ています。

たった3回の授業で、ゆかたに触れたこともない生徒たちが
楽しげに自分で着ることができるようになるプロセスは、何度みても感動です。

そんな様子は、家庭に帰ってご両親へも伝わっている様子。

このたび、そんな娘たちに負けじ?!とのお母様方からのご依頼でした。

30名近くの参加者のうち、ゆかたが着られると挙手なさったのはほんの2,3名。
(謙虚な方が多くて…)

当初は「浴衣を娘に着つけてあげる」というご依頼でしたが、まずは自分で
着方を覚えなければ…という状況が発覚(笑)。

それにしても、その熱意!はあっぱれ。
みなさま真剣に、そして笑いが絶えず「ひさびさに楽しかった」と
あっという間の3時間でした。

とても興味深かったの
は間違えるポイント、一度纏ったら嬉しくて脱ぎたがらないところ、
たたみ方で難儀をする箇所、写真の撮られ方で盛り上がるところが
全く14歳と同じという点。

恐るべしDNA? 頼もしき和心?

それにしても素晴らしい企画でした。

このように娘の授業内容を親が追体験できるのは意味深いこと。
世代を超えて繋がっていく「和のスイッチ」が一層強く押されるので
来年もぜひ、そんな機会をもちたいと願った半日でした。

詳細は10月7日の品川女子学院校長日記の写真と合わせてご覧ください。

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

イルカと幻想的な一夜を過ごす!

2009-10-02 20:59:10

10月2日(金)待ちにまったこの日がやって来た。

八景島シーパラダイス主催の「グッドモーニング・ドルフィン」。

これはイルカ水族館で10組20名の女性のみが享受できる
夢の一夜。
この企画を知り、応募したのは9月、そして当選し参加(12000円)。

当日20時、イルカが空を飛ぶようにみせることで有名なドーム型をした
ドルフィン館に集合。

水族館内部へと通じるカーテンは閉じられており、まずは飼育員の説明を聞く。

そのカーテンがさっと開かれた眼前には、キャンドルのみで照らされた
グランブルーの空間。そこを垂直に、巨大な白いイルカがすっと上昇!

息をのむ瞬間に、鳥肌がたつ。

そんな感動もつかのま目をドーム型へとやると、5頭のイルカがすいすいと
熱帯魚の合間をぬって遊泳中。

しかし、全員の目は直径8m、厚さ10cmのドーム型水槽の中の
げんまちゃん(ロシアからきた女子、体長3m)に目が釘付け。
近づくと人懐っこく寄ってきてくれる愛らしさ。

その迫力&その空間を独り占めできる幸福感にひたる。

みな言葉もなく(でも、写メはとりながら)興奮!

21時すぎには軽食やケーキにアルコール類が出される。
そして22時の消灯まで、人なつっこい彼らは私たちを元気にもてなしてくれる。

水色のリクライニングチェアに横たわると、見上げた真上を優雅に
イルカが泳ぐ。

眠ることなどもったいない…

翌日晴れれば、天井のない水槽からは朝日が差し込む(はずが、雨天)。

飼育員の方も、何を尋ねても心からうれしそうに説明してくれる。
イルカや、自分たちの仕事を愛しているのがわかる。

【写真1】げんまちゃんがお出迎え
GENMA.JPG
【写真2】空とぶイルカたち
空飛ぶイルカ.JPG
【写真3】下には熱帯魚たち
熱帯魚.JPG
【写真4】朝5時過ぎると目覚めたイルカたちは元気に遊ぶ
朝はご機嫌.JPG

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

ドッグ・トレーナーさんに再会

2009-09-27 23:54:11

9月27(日) 凜は生後91日

いよいよ3か月。
社会化が重要だといわれる時期になった。

犬の社会化とは、必ずしつけの本でてくる「犬生」で重要なことの一つ。

余りに小さいときに親兄弟犬から離されると(悪質なペットショップや
自称ブリーダーは、小さいほどかわいいので売り易いなどの理由で
30日程度で連れてくることも)、犬社会のルールが覚えられなかったり、
人とのかかわりを学べないままになってしまうという。

凜はショードッグの純血系統で譲りうけた犬。
64日目まで親兄弟と過ごしている。

よってペットショップでかなり早い時期に離され、人前にさらされるような
ケースではないので、社会化も遅めにすべきというアドバイスを受ける。

その話を伺うと、しつけ方法についてショードッグとペットショップ(あるいは
家庭犬ブリーダー)の犬とは180度の違いがあることがわかり、目からウロコ。

しかし、私が求めているのは愛らしく私に頼り、絆を築けるコンパニオン・ドッグ。
ショーにだすつもりなどは毛頭ない。

健康優良児の体をもつ、人懐っこい犬(ピピのように…と比べるわけではないけれど)。
そしてできればanimal assisted therapyができるような
社交的で気丈な犬になればと凜の将来へ夢は膨らむ。 

ちょうどそんな折、ドッグ・トレーナーさんが4週間ぶりに凜に会いに来宅。

「とても元気で性格も素直ですね。すごくよい骨格です」と。
「出すと、瞬時に咬むんです。手も足も…」
 といいながらトレーナーをみると凜は、ちゃんと抱かれている。
 もちろん、噛むこともなし…

うーん、すでに小さい賢者にわたしはあやつられている?!

【写真1】もう、あたち立っちできるのよ! そのハサミかみたいの
2009SEPT27g.JPG
【写真2】ほら、力もちでしょ。2リットルのペットボトルもかじれるの
2009SEPT27h.JPG

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

”げんき凜凛”がやって来て3週間!

2009-09-21 23:26:48

9月21(月)敬老の日

ヨークシャテリアの凜が我が家にやってきて3週間。
きょうで生後85日目。

昨日は二回目のワクチン6種を接種。

体温38度、体重1060g 健康そのもの。
注射も首の皮膚をつかまれ「ずぶり!」に
声もあげず、ご機嫌♪

触れると、必ずカミカミ続けるのは歯がかゆいのかな。

新聞紙を敷きつめたクレイトに入れ、3時間ごとに
抱き上げてサークルに移して排泄をさせる。
そして、ドライフートをふやかしたフードを1日2回。

サークル外での遊びはその後5分程度。

「赤ちゃんには睡眠を十分に、そして優良骨格を崩さないように
ジャンプさせたり、立ち上がらせたりしないように」との
アドバイスも。

ただ、夜になると猛烈な「遊びたーい」Call。
通称「赤ちゃんの悪魔タイム」が始まる。

その声に耐えられず(負けて?!)出すと本当にうれしそう&目にもとまらぬ
早さで部屋中を猛ダッシュ!
1秒目を離しただけで、どこかをかじったり何かをみつけて口にいれたり…
自分の体より大きく重い品も、口でくわえてひっぱりまわすmiracle gal。


これまでの経験したことのない元気な犬!

見つめあって絆を確認♪などはまだ先の話…
「たいへーん」な日々は続く。


【写真】サークル外でご機嫌な顔。なんだかおちょぼ口がかわいい。
2009SEP21.JPG

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30

記事検索

アーカイブ

カテゴリー

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

Copyright © 2009 - 2015 Kazumi流 ふだんきもの All rights reserved. 許可なく転載を禁じます 東京都公安委員会許可 第302150507614号 衣類商 (有)ケイテックス