Kazumi流 www.kazumiryu.jp

  • Companion Animal
  • Kimono
  • Solitude
  • Link
  • English
  • Gallery
  • Blog
  • Profile
  • Kazumiryuとは?

Kazumi流 Blog

Kazumi流 津田 恵子 オフィシャルブログです。
Solitude(ソリテュード)、きもの、コンパニオン・アニマルについての話題をお届け。

『天国の犬からの宿題』第一話~反響に思うこと~

2009-05-21 13:33:04

5月20(水)から日経ビジネスonlineで開始された連載。
ペットを看取るということ『天国の犬からの宿題』第一話

読んで下さった方、ありがとうございます。
日経ビジネスへとわざわざ書き込みをして下さった方、とてもうれしいです。

internet手段がもつ「時間」の概念について改めて考えさせられた一日だった。
最終締め切りは前日。
そして、日付ががわると連載開始。

朝にはすでに、数名のかきこみとrating。
時間とともに増えるコメント。
そして、その向こう側には数十万人の顔がある…
そんなことを想像するだけで、real time に発信できることの利便性と怖さを思う。

普通ならばそんなことを理解すると、怠け者の私は二の足を踏んでしまう。
しかし、今回は「ピピからの宿題」ゆえに進むしかない。
ささやかながらも深い体験ゆえに何か、誰かの微力ながらなれないかとの想いがあった。

しかし、実際に勇気づけられたのは私のほうであった。

書き込みを読むと、偶然同じ時期に、同じ犬種、似た年齢で相棒に旅立たれた方がいる。
鬱にならずに済んだのは、コンパニオン・ドッグのおかげと言い切る方がいる。
コンパニオン・キャットをどれだけ深く愛したことかと綴る方。
それぞれの想いに重ねて心の中に涙を添わせる方もいる。
「時が悲しみをいやす」とはいえないつらさを吐露する方もいる。

そこには他者とは「似て非なる」唯一無二の経験を大切にしている人のぬくもりがある。

しかし、人生に大きな影響を与えたコンパニオン・アニマルとの出会いがそれぞれに人生に彩りを与え、成長させてくれていることは確実である。

そんな体験ができた出会いに感謝するのは、私だけではないのだ。

365日のきもの生活をおくるとき、いつも脱いだきものの上にピピがいた。
絹のもつひんやりとした温もりが心地よいのだろう。
他の素材にはみむきもしなかった。

だから、本当は絹でつくってあげたかった、ピピの着物。
写真はひな祭りの一葉です。





pipiきもの2008.jpg

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

<<「Kazumi流きもの」雑記① | 『天国の犬からの宿題』連載開始! >>

記事検索

アーカイブ

カテゴリー

<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

Copyright © 2009 - 2015 Kazumi流 ふだんきもの All rights reserved. 許可なく転載を禁じます 東京都公安委員会許可 第302150507614号 衣類商 (有)ケイテックス