Kazumi流 www.kazumiryu.jp

  • Companion Animal
  • Kimono
  • Solitude
  • Link
  • English
  • Gallery
  • Blog
  • Profile
  • Kazumiryuとは?

Kazumi流 Blog

Kazumi流 津田 恵子 オフィシャルブログです。
Solitude(ソリテュード)、きもの、コンパニオン・アニマルについての話題をお届け。

「Kazumi流きもの」雑記①

2009-05-22 13:05:16

風の強い本日、きものの裾をひるがえしながら表参道を歩く。

365日きもの生活者としては草履になると、俄然早足になる。
たまにハイヒールをはくと足の出し方が覚束ない。

というのも、草履と靴では歩き方が逆だからである。

くつはかかとから着地。
草履はつま先をけり出すように徒歩。
これを間違えると「草履は脱げやすい」ということになってしまう。

5月になってからは、単衣のきものに、襦袢もひとえ。
半えりはきわめて薄手の色半衿。
帯の素材もできるだけ、かろやかなもの。
こんな季節に重宝するのはかかり帯(芯をいれずに、両端がかがり仕上げ)。

6月になると、その装いは絽の半えり、絽の帯締&帯揚になる。
そして絽の帯。
梅雨をふきとばすような、涼やかな風がからだを抜ける。


このようにきものには「四季を身に纏う」喜びがある。

しかし、その喜びは現代では「季節のきまりごと」という足かせとなり
一気にきものへの敷居を高くしているようだ。

残念!
そんな懸念を払拭すべく『「着たい!」私のふだんきもの』p110
には「きもの歳時表」を載せてみた。


「Kazumi流」ではきものは自己表現であり、他者への思いやりの心を表すものと捉えている。

我々のDNAに眠る「和」のこころ。
それは、古来より自然と調和し、その対話を通じて自己を見つめることにあった。
自己をみつめることにより、他者と楽に調和でき優しく居られる。

だからこそ、日常ワードローブに「きもの」という選択肢をもってほしいと願うのである。

写真は、鎌倉報国寺、5月の竹と対話する一葉。

hokokuji3.jpg

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

<<季節をまとう | 『天国の犬からの宿題』第一話~反響に思うこと~ >>

記事検索

アーカイブ

カテゴリー

<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Copyright © 2009 - 2015 Kazumi流 ふだんきもの All rights reserved. 許可なく転載を禁じます 東京都公安委員会許可 第302150507614号 衣類商 (有)ケイテックス