Kazumi流 www.kazumiryu.jp

  • Companion Animal
  • Kimono
  • Solitude
  • Link
  • English
  • Gallery
  • Blog
  • Profile
  • Kazumiryuとは?

Kazumi流 Blog

Kazumi流 津田 恵子 オフィシャルブログです。
Solitude(ソリテュード)、きもの、コンパニオン・アニマルについての話題をお届け。

四万六千日のご利益を求めて!

2009-07-12 12:28:12

夏の風物詩といえば、あさがお市、ほおずき市、花火大会。

この時期、各地でほおずき市がたつ。

7月9(木)、10(金)は浅草寺のほおずき市。
浅草駅周辺からほおずきの屋台が目につく、
人力車をひくおにいさんの掛声もいつもより華やぐ。

私たち浴衣の3人は、浅草寺の大提灯をすぎ仲店へと進む。

雑踏の中を、まずはまっすぐ本殿へとむかう人の波。
その途中で煙を浴び手口を清めるのも、いつもの風景。

見慣れた風景も、今夜のように何百という夜店が活気づくと、
いっきに夏の下町情緒に包まれ足が弾む。

10(金)18時頃到着。中にはほとんどのほおずき鉢
(2500円風鈴付き)を売りつくしてしまった店も。そこは
美人が掛声も威勢よく、鉢巻を結んだいなせないで立ちで売っている店。

その先には歌舞伎俳優さんが御贔屓にしているのか、名前がずらりと
下がった店。
そこでみつけた、ひときわ存在感のあるおじさん。
まるで「いくつもの修羅場をみたきた」という様に
サングラスの向こうの眼光が鋭い。その人が、枯れた声で

「おねえさん、ほおずき!」と。その声にひかれて、
「ひとつ下さい」
「よっ、ありがとよ。じゃぁ、ほおずきは俺にまかせてくれ。
 一番良いの選ぶから。風鈴えらんどいて」
10種類ほどの江戸風鈴から、今年は赤い金魚を選ぶ。
「8月になったら、全部真っ赤になるから」と
 たわわに実がついた高さ50cmほどの鉢をわたされる。

ひいたおみくじも「大吉」。

夏祭りは、やっぱりこうでなくっちゃ。

【写真1】ほおずきのような禿頭の「存在感」あるおじさん
ほおずき.JPG
【写真2】みな、真剣な面持ちでほおずきを選ぶ
ほおずき市.JPG

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

<<「ありがとう。また逢えるよね」最終回! | 「あら、まぁ!」90歳?きものの達人のぼやき >>

記事検索

アーカイブ

カテゴリー

<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Copyright © 2009 - 2015 Kazumi流 ふだんきもの All rights reserved. 許可なく転載を禁じます 東京都公安委員会許可 第302150507614号 衣類商 (有)ケイテックス