Kazumi流 www.kazumiryu.jp

  • Companion Animal
  • Kimono
  • Solitude
  • Link
  • English
  • Gallery
  • Blog
  • Profile
  • Kazumiryuとは?

Kazumi流 Blog

Kazumi流 津田 恵子 オフィシャルブログです。
Solitude(ソリテュード)、きもの、コンパニオン・アニマルについての話題をお届け。

『天国の犬からの宿題』第四話

2009-06-10 18:21:21

5月20日より、毎週水曜日はどきどきとわくわくの混在デーとなった。

原稿が日経ビジネスオンラインにUPされるのは
火曜日から水曜日にかわる夜中。
最終レイアウトを確認しても、やはり実際掲載され
何万人もの目に触れる可能性を考えると、内容にどれほど想いを真摯に
こめられたかと自問自答する。

第四話は”ダメ飼い主はいても、ダメ犬はいない」。犬に”しつけられた”私

セラピー・ドッグを目指してのトレーニングが実は、
私への”しつけ”であったと気づかされたという内容。

副題はその時の、トレーナーに言われ「はっ」とした一言。
「ダメ犬はいない」ということ。
それは人によっては「ダメな子供はいない」という教育評論家的
理想論という意見もある。

ただ、実際に体験してみて(他の犬を見学しても)、たとえば
何年もの間チャイムの音に過剰反応し吠え続け、悩んでいたのが
タイムリーなコマンドを根気づよくぶれずにだすことにより
それが「無駄」なことであることを学んだ犬は吠えるのをやめるのだ。

そして、その行動が再び元にもどるのは、オーナー側の「根気」と「整合性」
の至らなさに負うところ大なのである。

ピピとすごした11年5か月は、このように様々な出来事から己を内省
する時となったのである。

「私は少しは成長できたのだろうか」といま、再び問う日々である。


読んで下さった方、連載への書き込みを下さった方へはただ感謝。
今後も応援をよろしくお願いいたします。


写真:連載に登場したウェルシュ・コーギー・ペンブローク富士丸くんとピピ
(2005年6月14日)

DSC_0291.JPG

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

<<きものは男性こそ纏ってほしい② | 14歳ゆかたに出合う① >>

記事検索

アーカイブ

カテゴリー

<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Copyright © 2009 - 2015 Kazumi流 ふだんきもの All rights reserved. 許可なく転載を禁じます 東京都公安委員会許可 第302150507614号 衣類商 (有)ケイテックス