Kazumi流 www.kazumiryu.jp

  • Companion Animal
  • Kimono
  • Solitude
  • Link
  • English
  • Gallery
  • Blog
  • Profile
  • Kazumiryuとは?

Kazumi流 Blog

Kazumi流 津田 恵子 オフィシャルブログです。
Solitude(ソリテュード)、きもの、コンパニオン・アニマルについての話題をお届け。

14歳ゆかたに出合う①

2009-06-09 16:48:19

どんよりとした空模様。

こんな日は紫陽花がよく似合う。

でしゃばりすぎず、控えめすぎず
落ち着きの存在感で、そこに独特の美を放つ。
その佇まいには「中庸」の大人げを感じる。

そんな午後、先週「五感にまとう~きものの魅力・魔力・威力」
という内容でお話した講演の感想が届く。
中学二年生206名分をわくわくと一気に読む。

そして、幸福感につつまれる。
「ほんとうに、きものの力はすごい」と。

きものを着たことがない、興味もない、でも着たくなった。
祖母に縫ってもらった着物をひとりできたい。
色合わせに興味がある。
海外でかっこよく着たい。
現代ではきものは「浮いてる感じ」だが、「着る」と胸をはって言いたい。
きもののエコ力にびっくり。
動きやすいって本当?
13mを8つに切ってできているのが、驚き。
きものに人柄がでるのはおもしろい。
ゆっくり一人の時間になれるというのに共感。
ティアラでつくった帯どめがかわいい。

などなど、素直な感想が一杯。
そして「浴衣授業を楽しみにしている」と。

私がきものを指導する力などは本当に微力である。
しかし、彼らの心の中に眠る「和スイッチ」
あるいは「美スイッチ」、「チャレンジ・スイッチ」の
何かがONになれば望外の幸せ。
ゆえに、指導はひたすら一生懸命に体を動かすのみ。

正味30分ほどの授業の後、そこには35名ほどの
かわいい「なでしこ」達がいる。
それは、何度みても感動の風景である。

こうして、彼らの柔軟な能力はどんどん他分野でも
活性化されているのである。
多くの選択肢を用意している学校は、可能性を紡ぎ出すのだ
ということを改めて実感する。


写真1:本日の授業風景 13mの浴衣地を間近に見せる
2009JUN09h.JPG
写真2:さぁ、いよいよ実習
2009JUN09n.JPG
写真3:40年以上前の母の大島を単衣に仕立て直して。紗帯は骨董市で。
2009JUN09a.JPG

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

<<『天国の犬からの宿題』第四話 | 今年もやってきました >>

記事検索

アーカイブ

カテゴリー

<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Copyright © 2009 - 2015 Kazumi流 ふだんきもの All rights reserved. 許可なく転載を禁じます 東京都公安委員会許可 第302150507614号 衣類商 (有)ケイテックス