Kazumi流 www.kazumiryu.jp

  • Companion Animal
  • Kimono
  • Solitude
  • Link
  • English
  • Gallery
  • Blog
  • Profile
  • Kazumiryuとは?

Kazumi流 Blog

Kazumi流 津田 恵子 オフィシャルブログです。
Solitude(ソリテュード)、きもの、コンパニオン・アニマルについての話題をお届け。

げんき凛凛 - わんこの育児日記

2009-09-01 10:00:00

09月01日(火) 生後65日

一夜があけた。

昨晩、凛は鳴く、泣く、吠える、唸る、仮病声?など20種類ほどの
なき声で私を翻弄した。

母と離れ、きょうだいとも離れ不安でさびしいゆえ、どの犬も
最初の晩は、ご近所迷惑というほどのなきごえ洗礼をオーナーに
与える。

しかし、12年前同じヨーキーであってもピピには、そんな様子は
なかった。
「クィーン、きゅんきゅうーん」とかわいく鳴く声は
ドアを閉めれば無視できるほどだった。

凜は元気りんりん!

その声はわたしを圧倒し、戸惑わせ、心拍数を上げる↑
おしっこ」をすれば泣きやむかと、1時間ごとにクレイト(キャリーバッグ)
からケージにだしてみる。
リビングから、枕もとにクレイトを置いてみるなどなど
真夜中に、あれやこれや心が騒ぎ、愚かな行動をとってしまった。

最初の2週間はとにかく「触れない、見ない、人は気配を消す!」と
厳しく申し渡されていたのに…。

クレイトに新聞紙を2cm幅に細切りしたものを
しきつめ、そこに3時間いれておく。
そうやって赤ん坊の睡眠を確保してやるのだ。
その狭さが子犬に安心感をあたえ、同時に3時間ごとにケージに移し
おしっこをするということで、がまんや信頼感を築くという。

ここで、オーナーががまんできず鳴き声を気にして近づいたり、
抱きあげたりすると依存した犬となり、後々のしつけが大変だという。

まして、他人へのお披露目などもってのほか…まずは、オーナーの匂いを
おぼえさせ信頼関係を築く、大切な日々。

ということは、ものの本でもプロのアドバイスでもわかってはいる。

しかし…明日英国へ出立する姪にはだかせてやりたい。
ピピの旅立ちかへのわたしの嘆きと立ち直りを見守ってくれたSさんには
だっこしてもらいたい。
凜を気にしてくれるAさんにも…

というわけでこの日、凜は私以外の4名のguestに「たまたま」&「ほんのちょっと」
抱いてもらったのだ。

そのことが、どんな状態をひきおこすかも自覚せずに…

【写真1】姪に抱かれた凛


SEPT01奈美子.JPG
【写真2】紫の小さいのがクレイト(縦47cm横31cm高さ27cm)横にあるのがケージ
クレイト.JPG

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

<<9/15(火)和しゃべり会開催♪ | 犬が来た! ~ありがとう、また逢えたね~ >>

記事検索

アーカイブ

カテゴリー

<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

Copyright © 2009 - 2015 Kazumi流 ふだんきもの All rights reserved. 許可なく転載を禁じます 東京都公安委員会許可 第302150507614号 衣類商 (有)ケイテックス