Kazumi流 www.kazumiryu.jp

  • Companion Animal
  • Kimono
  • Solitude
  • Link
  • English
  • Gallery
  • Blog
  • Profile
  • Kazumiryuとは?

Kazumi流 Blog

Kazumi流 津田 恵子 オフィシャルブログです。
Solitude(ソリテュード)、きもの、コンパニオン・アニマルについての話題をお届け。

暑さ真っ只中の骨董市!

2009-07-19 19:00:28

東京ビッグサイトでの骨董ジャンボリーに出向く。

ここは日本最大級の和、洋、トイ&コレクタブルディーラー
500店舗の出店がうたい文句。
7/18(金)午後から始まり、きょうは最終。
午後2時ころには、気の早いお店はそわそわともう店じまい。

この骨董市の難点は駅から会場までが遠いこと。
りんかい線国際展示場駅からビッグサイト内の会場までは徒歩20分以上。

陽照りの季節にはビッグサイトにたどり着くまでに駅から
10分以上日陰なし。
この季節、行くのには覚悟と日焼け止めが。
さらに、無料が多い中で入場料1000円(前売り800円3日間通し券もある)。

数年前は、そんな労力をかけても状態もよく割安感のある
掘り出しきもの、帯に出会う機会が多かった。
しかし、最近は全体に価格が上がっている。
ブームなので、リサイクル品自体の需要と供給のバランスに変化があるのだろう。

良いところは、和服姿で市を楽しむ人が男女ともに多いこと。
施設がきれいで、お台場エリアということで、帰路どこかに
よれるからお出かけ気分なのかもしれない。

今回はとくに絽のきもの、しかも大正ロマンをイメージした
コーディネイトの若い女性が多かった。
男性も渋めの絽のきものに、男結びをすっきりと腰できつけている姿は
思わず前にまわって顔をみたくなる。
そんな男性は多くの人が、パナマ帽や、煙草入れ、かばんなど小物にも
こっている。
そして、男性に限ってはきこなしは年配の方が胴に入っている。

そんな通りすがりの男性の一人に「それいい色だねぇ、柄も」と手にとっていた
淡い黄色の絽帯地をほめられ、思わず買ってしまった。

そして、すぐにKazumi流クリーニングをし、三部式帯に仕立て上げる。
余った帯地で、ティッシュケースと懐紙入れをつくりあげ、全部で1時間。

【写真1】帯地から仕立てた夏帯のすすき模様が控えめ。淡いクリーム色
BIGSITE3.JPG
【写真2】余り地から作ったティッシュケースと懐紙入れ、帯とお揃いが楽しい
BIGSITE1.JPG
【写真3】紺白のコーディネイトが一際目を引いた3人組。
ゆかたをきりりと着こなす姿にきなれた日常風景が浮かぶ。
BIGSITE2.JPG

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

<<ゆかたで神楽坂まつり♪ | 「ありがとう。また逢えるよね」最終回! >>

記事検索

アーカイブ

カテゴリー

<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Copyright © 2009 - 2015 Kazumi流 ふだんきもの All rights reserved. 許可なく転載を禁じます 東京都公安委員会許可 第302150507614号 衣類商 (有)ケイテックス