Kazumi流 www.kazumiryu.jp

  • Companion Animal
  • Kimono
  • Solitude
  • Link
  • English
  • Gallery
  • Blog
  • Profile
  • Kazumiryuとは?

Kazumi流 Blog

Kazumi流 津田 恵子 オフィシャルブログです。
Solitude(ソリテュード)、きもの、コンパニオン・アニマルについての話題をお届け。

掘り出し日和

2009-06-07 17:28:55

梅雨入り前の、束の間の晴天はこころが晴れ晴れとなる。

6月10日掲載分の日経ビジネスオンライン原稿執筆をおえた。
自転車をこぎ、肌に触れる風を五感で楽しむ。
こんな瞬間、生きている喜びに溢れる。

金曜日から、様々な場所でまつり神輿にであう。
そんな風景も、心弾ませる。

とおりすがりのフリー・マーケットに目をやると
反物がとびこんできた。
ココア色の地に小さな菊がモティーフの幾何学模様。
地味な色ながら、なんとなく恥ずかしげな風情がかわいらしい。

「おいくらですか」と尋ねると、小柄な女性が
「あのぅ…1000円なんですけれど700円でいかがですか」と。

骨董市に足しげく通う私の底値を下回っている。
「いただきます」
「ありがとうございます。母にウールのきものを仕立ててあげようと
 買ったのですが、もう着られなくなってしまって…今は着物を着る人も
 少ないですものね。」
「私、365日着ていますから。ちゃんと仕立てますね」

そんな会話も、なんとはなしに暖かく感じるのはお天気のせいだけだろうか。
そこにはきもの好きの人にただよう「絆」のようなものがあると思う。

呉服屋さんの話をうかがっても気にいって仕入れた反物が
「どこにお嫁入りするのか」気になるという。
そんな深い思い入れをさせる何かがきものにはあるのだ。

というわけで、私には地味な反物ながら、
またひとつ将来の楽しみが増えた昼下がりだった。
反物2009Jun07.jpg

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

<<今年もやってきました | ペット僧侶との巡り合い >>

記事検索

アーカイブ

カテゴリー

<< November 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

Copyright © 2009 - 2015 Kazumi流 ふだんきもの All rights reserved. 許可なく転載を禁じます 東京都公安委員会許可 第302150507614号 衣類商 (有)ケイテックス