Kazumi流 www.kazumiryu.jp

  • Companion Animal
  • Kimono
  • Solitude
  • Link
  • English
  • Gallery
  • Blog
  • Profile
  • Kazumiryuとは?

Kazumi流 Blog

Kazumi流 津田 恵子 オフィシャルブログです。
Solitude(ソリテュード)、きもの、コンパニオン・アニマルについての話題をお届け。

太宰府そぞろ歩き2

2009-12-13 19:49:45

思いがけずに時間が空いた。
そんな時、直感にしたがい行動ができるのは「おひとりさま」の醍醐味の一つ。

そこで再び、太宰府に戻り参道から少し外れた脇道をそぞろ歩く。
九州国立博物館へ向かう途中、細い川の真ん中に玉垣で囲まれた場所がある。
藍染川.JPG
由来をみると謡曲「藍染川」の舞台となった場所だと記されている。
かつて京女梅つぼは天満宮の神官だった中務頼澄(なかつかさよりずみ)を慕い筑後に下ったが頼澄にはあえず、その悲しみに耐えきれず身を投げた。
それを知った頼澄は天神様に祈ったところ梅つぼは生き返ったという。
玉垣は蘇生の碑。その逸話を知ると「藍染川」の響きは「愛染川」につながる。

その先には光明寺という禅寺があり、ひなびた佇まいに惹かれて中に入る。
光明禅寺.JPG
門をくぐり、すぐ左手に白い玉砂利が敷かれた小さな石庭があった。
そこ落ちるもみじの赤とのコントラストは美しく、自然と人工の調和に心やすらぐ。
光明禅寺石庭.JPG そのまま200円を払い本堂に上がる。そこから見る苔庭も今は紅葉におおわれ
岩についた苔の緑とおちついた風合いをみせ、いくら見ていても見飽きることがない。
光明禅寺苔庭.JPG
平日で雨がしっとり降るその日、幸い他には人はいない。シャッター音も人声もない。
私は、このような時ほど「ひとりで居る」ことの幸福感をしみじみと思うことはない。
「わぁ、素敵」、「ほっとする〜」、「みて、あそこの石の形」、「いつ頃建ったのかしら」
こんな会話が、友といれば交わされる。それは楽しい時空間の共有である。
しかし、本当に美しいもの、心に響く空間を感じたとき、一旦それを沈潜させなければ
本当に味わうことはできないのだ。
現象に接し、粗い意識での感想を言葉にすれば、その貴重な感動はそれだけで
完結してしまう気がする。
感動をソリテュード・タイムという揺りかごの中で、しばらく眠らせた後、その気持は
思いもよらない形をもち、私たちの人生をいっそう豊かにしてくれるのだ。

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

<<げんき凜凜わんこの育児日記~再び躾られてます~ | 太宰府そぞろ歩き >>

記事検索

アーカイブ

カテゴリー

<< December 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

Copyright © 2009 - 2015 Kazumi流 ふだんきもの All rights reserved. 許可なく転載を禁じます 東京都公安委員会許可 第302150507614号 衣類商 (有)ケイテックス