Kazumi流 www.kazumiryu.jp

  • Companion Animal
  • Kimono
  • Solitude
  • Link
  • English
  • Gallery
  • Blog
  • Profile
  • Kazumiryuとは?

Kazumi流 Blog

Kazumi流 津田 恵子 オフィシャルブログです。
Solitude(ソリテュード)、きもの、コンパニオン・アニマルについての話題をお届け。

美しすぎる和菓子

2009-12-30 17:37:41

11月に鎌倉で出会った創作和菓子作家の御園井裕芙子さん

その時、依頼したお正月用の和菓子ができたと連絡があった。

「最初にご依頼いただいた花びらではなく特別な作品を
 つくりましたので、お楽しみに。
 宅配便では壊れてしまいますのでお届けにうかがいます」

最寄りの駅でわくわくと待ち合わせ。
「イメージをしてみて、出来上がった品です。
 一見ケーキにみえますが、全部和菓子の素材なんです.
びっくりしてもらえるとうれしいです」

白い和紙で綺麗にラッピングされた箱をどきどきとあける。
感動で息をのむ。
そこにあったのは、直径15cmほどのチョコレートケーキ。

【写真1】外は黒糖羊羹 
和菓子全体2.JPG
【写真2】美しい薔薇は金を散らした練りきり
和菓子UP.JPG
【写真3】ナイフをいれると、中は白と抹茶色の浮島の二層に黒豆が散っている
和菓子横.JPG

さらに、Kazumi流お年賀用に依頼した干菓子も、金平糖で囲まれいとおおしい。
【写真4】虎の金太郎飴を囲むのは三温糖でつくった4種類の干菓子。
干菓子UP.JPG

年末の多忙な中、イメージをふくらませ採算を度外視して手間暇をかけて
下さったであろう御園井さんの心意気を想像すると感謝。

「和菓子は見かけで想像されるほど、甘くないんですよ。甘さが苦手なわたしでも
 大丈夫ですから」と御園井さん。

口に広がる軽やかな甘さは、和菓子ならではのものだろう。
目と口で味わうその世界は深くやさしく広がっていく。

「紬のきものをきて、和菓子をつくりたいとおもっています」

そんな彼女との来年の再会を楽しみにしつつ、2009年もゆっくりと古い衣を
脱いでいく。

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

<<明けましておめでとうございます | 出会いはシンクロニシティの流れの中に >>

記事検索

アーカイブ

カテゴリー

<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Copyright © 2009 - 2015 Kazumi流 ふだんきもの All rights reserved. 許可なく転載を禁じます 東京都公安委員会許可 第302150507614号 衣類商 (有)ケイテックス